スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴクラフト傑作集2

やっとこさ読み終わりました。「ラヴクラフト傑作集2」

残念ながらアマゾンに画像ありませんでした。


2、と書いているのですが、1は?ブログに書いてないよね?と言われると、

図書館に無かったとしか言いようがございません。まぁ続き物ではないのでどこから読んでも

何の問題もないはずです。


さて、このラヴクラフト傑作集とは何か、というお話です。

皆様、クトゥルー神話はご存じでしょうか?

それなりにオタクスキルのある方なら「デモンベイン」でご存じでしょう。

映画マニアの方もラヴクラフト原作の映画などに出くわしたことがあるかもしれません。

クトゥルー神話とは古来よりある神話などではなく、100年ほど前の作家

「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」が書いた数十編の小説、また、彼に賛同し、

彼の作品を元に数多の作家が書いた小説の総称のようなものです。

いずれも幻想怪奇物語、異形な神や魔物、恐ろしい出来事などが書かれております。


さて、このラヴクラフト傑作集、とても読むのが大変でした。

というのもこの翻訳本、初版が76年、そのせいか単語が分かりづらかったり固かったりしたので

なかなか力が必要となったのです。

このテの文学に慣れ親しんでいる人ならあっさり読めるのかもしれませんが、

ライトノベルで育っている私にはなかなか労力が必要でした。

とはいえ、やはり名作。ぐいぐいと世界に引き込むような名状しがたい力があり、

とても魅力のある作品達でした。

購入していれば大事に扱う本の一つに入っていたでしょう。残念ながら図書館からの借り物なので

いつまでも大事に保管しておくことはできませんが。


この本には「クトゥルフの呼び声」「エーリッヒ・ツァンの音楽」「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」

の三作品が入っており、順に短編、短編、長編となっております。

巻末の訳者あとがきによると最後の「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」はラヴクラフト作品でも

傑作中の傑作にあげられているらしく、私自身も長くて読み疲れた作品であったとはいえ

最も楽しめた作品でありました。


これらの作品は色々なところで本になっていると思われますので、適当に探してみて

読んでみるのもいいかもしれません。私もこれからちょくちょくと探してみたいと思います。


余談ですが、来年3D映画でラヴクラフト原作の「狂気の山脈にて」が映画化されるそうです。

こちらもあとがきで傑作と称されていました。ちょっと気になる作品であります。
スポンサーサイト
黒ねこ時計 くろック E01
カウンター
プロフィール

RVW

HN:RVW
twiter:sia_craua
こんにちは、RVWです。
ゆったりだるだるな男の子です。
暇な子ですので気軽にご連絡を

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2掲示板
ブロとも一覧

無気力な律動

放置場所

How To Become A "Pink Hacker"
リンク
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。